ジムの選び方、具体的な名前を出して紹介します!

こんにちはー、トレーナー歴10年、ボディビルダーの健です。
今日はタイトルの通り、初心者に向けたジムの選び方を説明するよ。

結論をまず書くと、近くにゴールドジムがあれば確定。
次点で大手ではないがゴールドジムに匹敵するマシンの数があるジム。
更に時点で、エニタイムジョイフィットなどがおすすめだ。

さて、今「ジム 初心者 おすすめ」などで検索してみたけど、的を得ていない、アフィリエイト目的のものが多い印象を受けたよ。

ここでは本職として10年、他店の見学や研究を多くした俺がビシッと解説しようと思う。
一応条件として、

  • 月会費が1万円前後の大衆向けのジムであること
  • パーソナル特化ジムは除く
  • ダイエットという意味も含めて、マッチョ化したいという目的

このイメージでいくよ。

ジム選びの基礎は、近さ!

まず前にざっくりとしたジムの選び方を書いたんだけど、こちらを先に見て欲しい。
ジムの選び方の記事はこちら

これは非常に大切だから前回の記事と重複するけど、繰り返し書く。
優先順は最も重要なのは近さ。理由は「継続」だ。
ジムに入会する前はやる気も満ちあふれていて「遠くでもいい設備のジムに行く!継続できる!」という人が多い。
95%位の人が継続できないね。

家や職場から徒歩5分、家から自転車で10分。これくらいの移動時間で済めばいいね!

次に設備の良さ!マシンが大量、フリーウェイと充実のジムがいい。

もう一回結論を言うと、近くにゴールドジムがあれば決定でいい。
ゴールドジムはまず設備が最上級のものを揃えていて、他クラブに比べて3倍~5倍程度のマシンの数がある。
更にスタッフが競技者のみで、メニュー作成などが無制限に追加料金なく行える。
はっきり言って、ダイエットとマッチョ化という意味ではここ以上のジムは無い。
値段も実は大手のスポーツクラブはほぼ一定の料金。

上級者向けなので入会はちょっと・・・という人、ちょっとまった。
ゴールドジムは他クラブより初心者向けだ!これに関する記事はこちら。(作成中)

次点で数は少ないものの、ゴールドジムに匹敵する設備があるジムはある。
今ふと思いついたジムでは、
高松のLINE GYM、大阪のレクサーなど。
その他、ボディビル連盟に所属しているジムでは比較的ハードにトレーニングできる環境が整っている事が多い。
家の近くにこういったジムがないか、一度調べてみよう。

近くにゴールドジムがないよ!

エニタイムジョイフィットなどの24時間タイプのジムはないだろうか?
ゴールドジムほど環境は整ってはいないが、筋トレ重視の店舗が多くおすすめだ。
更に料金が2000円ほど安い事が多い。

弱点は、スタッフが非常に弱いところだ。
競技者がいない事が多い印象で、経営スタイルの関係でそもそもスタッフが居ない時間も多い。
つまり、自分で調べてやることが前提になると思っていい。
最近は信頼できるユーチューバーが増えているので参考にするといい。

あとは、しっかり見学をしてから入会を決めよう。
かなり店舗によって差があり、有酸素運動のマシンが半分を占めている、ということもある。

ゴールドジム以外の大衆向けクラブはどう?

どうしても有酸素運動やスタジオ、お風呂、リラクゼーションに力が入っている事が多く、ハードに筋トレできる環境が無い事が多い。
が、こういった環境でも家や公園で一人でするよりは、流石に、マッチョ化出来ると思う。
せめて一人、スタッフで筋トレに特化している人がいないか探してみよう。
意外と一人はいるものだ。
ここで頑張って、筋トレにハマったら、少し遠くともハードなジムへの異動をおすすめする。

まとめ

  • マッチョになりたければ「近く」のジムを探そう
  • ゴールドジムやそれに近い設備があるジムなら最高
  • 次点で24時間タイプのジムで、頑張って勉強しながらトレーニング!

コメント

  1. […] 具体的にジムはどこがいいのよ?上記の繰り返しになるけど、近さと設備が重要。近くにゴールドジムか、それに近い設備のジムがあるなら間違いない。エニタイムやジョイフィットもやすさも相まってイイネ!そんな記事はこちら […]

  2. […] 今日はジムに入会するときに必要なもの、逆に不必要なものをまとめておくよ。最初は不安だよね。この記事を読んで頂き、少しでも参考になれば嬉しい。ジムの選び方はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました