目標の体はどのくらい?競技を目安にして紹介するよ!

マッチョになりたい人が最近増えている。男性はもちろんだけど、女性も。
で、そのマッチョっていうのも色んな種類があるよね。
細マッチョからゴリマッチョまで。

当たり前だけど、どのマッチョが正解かなんてものはない。
ここで言いたいのは、どのレベルまでマッチョになりたいか、だ。

ついでに目標となる体も設定してみよう!
で、女性には申し訳ないんだけど、この記事は男性向け。

さて、日本で開催されるコンテストを目安に判断しよう。

マッチョ度レベル1 細マッチョ

Tarzan。昔はこれが教科書だった。

細マッチョ(Google画像検索)
あまり運動に興味がない女性からはこのレベルがモテると思う。
はっきり言って、このレベルならジムに行かなくてもいい。
イメージ的には週2回ほど家でハードに頑張って、食事の管理もしっかりすれば達成できるレベルだ。
家でできるトレーニングについての記事はこちら。

マッチョ度レベル2 サマー・スタイル・アワード

画像(Google画像検索)
このレベルから先はジムの入会がほぼ必須で、週に3回~6回のハードなトレーニングが必要と言ってもいい。
この大会は比較的新しくできた大会で、コンテストの中では筋肉の大きさが重要視されない。
夏に似合う体を!がコンセプトらしい。
部門がかなり多くて、マッチョ重視なのがあるのはもちろん、お子様と一緒にとか、リュック背負った状態でパフォーマンスをするなど、たいへん楽しそう。
タトゥの選手が出場できることが印象的で、パリピの俺は実は好きなコンテスト。

マッチョ度レベル3 ベスト・ボディ・ジャパン

画像(Google画像検索)
もうかなり有名だね、ベストボディジャパン。
年々レベルが上がって、かなりマッチョ度が上がってきた印象。
予選通過できるレベルだと「やべぇ体してますね!」と言われる。
こちらもいくつか部門があって、筋量がそこまで必要ないものから、大きいと有利なものまで用意されている。
ウォーキングや表情、髪型まで評価対象なのが特徴的。
ちなみに筆者は出場経験あって、神戸大会でファイナルまで行った。

マッチョ度レベル4 フィジーク

IRON MAN。マッチョになりたいなら素直に1年間読め。

画像(Google画像検索)
サーフパンツを着用するコンテストでは最上級の筋量が必要となる大会。
居酒屋で他の席の他人から「何をやっている人ですか?」と聞かれるレベル。
バランスが取れている事が最重要だが、、筋量が高すぎて減点対象というのはまず無いと考えていい。
現状、このフィジークのコンテストで成績を上げていけるよう努力している若者がとても多い。

マッチョ度レベル5 ボディビル

画像検索(Google画像検索)
出ましたボディビル。筆者が頑張っている競技だね。
究極の肉体美を比べ合う競技で、もはや「芸術」
規定のユニフォームはブーメランパンツ(通称ビルパン)になり、ウォーキングや表情などはほぼ審査には影響しない。
ただただ、肉体の美しさを競う、純粋なコンテストだ。
最近フィジークの選手が激増しているが「将来的にはボディビルにチャレンジしたい」と思っている人がかなり多いようだ。

マッチョ度レベル限界突破 世界指標のボディビル

フィルの逆三角形好き。

画像検索(Google画像検索)
そのまま、世界基準でのボディビルとなるとこういうレベルになる。
目指してみる?

まとめ

さて、目標となる体はどのレベルだったであろうか?
繰り返しだけど、どのマッチョか正解などは存在せず、好みに合わせて目標を考えるようにしてね。
あくまでもイメージだけど「凄い体してますね!」と言われたいなら週に3回~4回はジムに行って、ハードにトレーニングをする必要がある。
かなり辛い道のりになるが、簡単に実現できない分、レアな存在になれる。
ジムの選び方はこちら
この記事が皆様の参考になることを願う。

コメント

  1. […] BBJ(ベストボディジャパン)に出場している選手のレベルまでマッチョになりたかったらジム通いが必須だと思う。ましてフィジークやボディビル体型を目指したいなら尚更必須!色々なコンテストがあるから比較してみて、目標の体をイメージしてみよう。メジャーなコンテストをまとめた記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました