筋トレの極意の一つを簡潔に

f:id:nanbono:20180806182711j:image

何を書こうか迷うほどネタがある。

思いついたままにつらつら書くブログです。

 

よくある質問で、

「筋トレは何レップスでやる?」

ってのがあって、俺なりの回答は、

1.高重量→低重量のドロップで結果的に高回数

2.中重量→低重量のドロップで結果的に高回数

3.低重量で高回数

こんな構成になってる。

1とかが俺らしくていいよね、いいとこ取りみたいな。

 

で、タイトルの極意ってのはこのことじゃなく、1のドロップ後、更に2と3の反復中に「力を抜かないこと」

さらっと言ったけど、実はこれが中級者よ上級者を分ける鍵と言ってもいい。

 

よく凄いマッチョでも低重量を扱ってウンウン唸ってるところを見るが、正にこれ。

ジムによくいる解説おじさんは「効かせるのが上手いからなあ」と抽象的な表現をしているが、結局は対象の筋肉の力を抜かないようにして、すっごいしんどいってだけ。

 

逆に下手なひとは、腹筋が100回できちゃう。

力を抜きながらやってる=休みながら反復してるんだね。

試しにしっかり腹筋に力を入れっぱなしのイメージをしてやってみそ。

10回程度で猛烈にしんどいから。

これを知ってるか知っていないかで、1年後の体に歴然の差が出る。

すべての筋トレに言えることで、方法が分からないならお近くのスタッフ、信頼できるスタッフがいないならマッチョに相談だ!

 

ちなみに高重量ではこのイメージは必要ないと考える。

コンセプトが違う神経系トレーニングっていってね。

コメント

  1. tinyurl.com より:

    My family every time say that I am killing my time here at net, except I know I am getting know-how daily by
    reading such fastidious content.

  2. Hi there, I found your web site by means of Google while searching for
    a similar topic, your web site came up, it seems to be good.
    I’ve bookmarked it in my google bookmarks.
    Hello there, just was alert to your weblog via Google, and
    found that it’s really informative. I am gonna be careful for brussels.
    I will be grateful when you continue this in future. Lots of other folks will likely be benefited out of your writing.

    Cheers!

  3. Do you have a spam issue on this site; I also am a blogger,
    and I was wanting to know your situation; many of us
    have created some nice methods and we are looking to exchange strategies
    with other folks, why not shoot me an e-mail if
    interested.

タイトルとURLをコピーしました