あなたの運動適性は?人によって短距離タイプと長距離タイプが異なる!

こんにちはー!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす。

今日は「筋繊維タイプ」の話だよ。
本日の結論は、

「人によって適性は異なる。たぶん適性がある方が好きになる。」

筋繊維タイプってなんや?

筋線維には大きく2種類あり、ミトコンドリアに富んで酸素を利用した持続的な収縮の可能な遅筋線維(Type 1、赤筋、色の原因は、酸素結合性タンパク質ミオグロビンである)と、ミトコンドリアは比較的少なく解糖系による瞬発的な収縮の可能な速筋線維(Type 2、白筋)にわけられる。速筋線維の中でもやや持続的収縮に向いたものはType 2a、そうでないものはType 2X、Type 2bとさらに細分される。最も速い速筋繊維であるType 2bはラットなどのげっ歯類の骨格筋繊維に含まれているが、ヒトの骨格筋においてはほとんど含まれていない。なお、遅筋線維、速筋線維はそれぞれ遅筋速筋と呼ばれることが多い。さらには、両者の性質を備えた中間筋の存在も認められている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E6%A0%BC%E7%AD%8B

簡単に言うと、陸上の短距離タイプと、長距離タイプで適性が分かれるってこと。
短距離タイプはパワーや瞬発力が強いが、長時間の運動が苦手。筋肉の色は白。
長距離タイプはマラソンなどの長時間の運動に優れ、スタミナがある。赤。

これは先天性的に決まっていると考えられているよ。

筆者は短距離タイプだと思う

俺がスポーツで1番成長が顕著だったのが、高校生の時の重量挙げだ。
3~4ヶ月程度で県の強化選手に選ばれ、同じ時期にスナッチで85kgまで成功させたと思う。

恐らく、標準的な運動能力の人なら、2年くらいかかる記録だと思うんだよね。
という訳で、俺は短距離タイプの筋繊維が多いと思う。

色は「白」だね。

一方、長距離は・・・

とにかくマラソンが苦手で、学校のマラソン大会などでも平均的なタイムしか出なかったと思う。

社会人になってからも一度勉強のためにマラソンの大会にでたことがあるんだ。
周りからは「ゴールしたら気持いいから!もう一回走りたいって思うから」などと言われていた。
いざマラソンが始まって、それはもうしんどいしんどい。
延々ゆっくり走るだけで、楽しみが見いだせない。
でも周りのセリフを思い出して、頑張ってゴールしようと頑張った。
で、ゴールの瞬間こう思った。

「もう二度と走るかぁ!!!」

適性がある運動が好きになるのでは?

エビデンスはないが、ほぼ間違いないと思う。
何らかのスポーツをする人は、幼少期から成人くらいまでには、自分がどの筋繊維のタイプかを大体判断する。

当然だけど、適性があってよく成長できる競技をしたいと思うのは当然だ。
逆に苦手意識が生まれるのも無理もない。

筋繊維タイプは変えられる?

まず、即筋(白)と遅筋(赤)は、「割合」なんだ。
例えば白70%、赤30%などで、この人は瞬発力に優れる、などだ。

この割合は0歳の時には既に決定されており、諸説あるが後天的に割合が変わることは「ない」というのが通説だ。

ただし、即筋(白)が努力により中間筋(白よりの赤、ピンク)になることは確認されているようだ。
遅筋から中間筋は難しいと言われている。

適性がないスポーツをしたいのですが

持って生まれた筋繊維で戦うしかない。

超蛇足なんだけど、今日マラソンしてきた

体が重い。(75kg)
シンデレラのコスプレしてる人に抜かれたわ。

まとめ

  • 瞬発力に優れるタイプ(白)
  • スタミナに優れるタイプ(赤)
  • これらは先天性的に割合が決まっている
  • 適性のある競技が好きになるんじゃないかな
  • 割合を変えることは困難
  • 俺マラソン苦手

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました