センスがない人はどうすればいいのか?ネガティブになる時間は完全に無駄!

本記事はこちらのリライトです。

ルーシー「Sometimes I wonder you can stand being just a dog ….」
(時々、わたしはどうしてあなたが犬なんかでいられるのか不思議に思うわ。)

スヌーピー「You play with the cards you’re dealt …whatever that means. 」
(配られたカードで勝負するしかないのさ…..それがどういう意味であれ。)

チャールズ・M・シュルツが描く漫画「ピーナッツ」に登場するスヌーピーのセリフ。

今日は「センス」について、俺の考えを執筆するよ。
現役ボディビルダー、現役トレーナーの健です!

さていきなりだけど、上記の引用は、漫画スヌーピーの有名なセリフ。
配られたカードを嘆き悲しんで、他人と比べてもどうにもならない。
その配られたカードで勝負するしかないよね。

「センス」って何や?

英語で五感の意味。転じて、美的感覚感性のこと。才能と似た意味である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

やはり比べることが多い世の中で、センスの善し悪しってどうしても現れるよね。
俺が専門とするウェイトトレーニングでも、結構その差は出てくる。

大抵の事は「努力」によって、平均値まで押し戻すことができるだろうが、身長や手足の長さの比率など、通常ではどうにもならないことや、トップアスリートを目指す人には致命的だ。

よく「私はセンスがない」という人は、、、

「私は才能が無いから無理」

「俺はもともと力が弱いから無理」

「あたし太りやすい体質なの」

まぁ、恐らく当たっているとは思うんだ。
が、あなたはその苦手な分野を克服するために、どれくらい努力した?

そう、大抵「センス」に似た言葉を使い、苦手アピールしている人は、努力をせずに発言していることが多い。

例えば俺は水泳が致命的に苦手だ。25mを必死になって泳ぎきるレベル。
これは筋肉がついて沈みやすいからだ、と擁護してくれる人が多いが、実は違う。

弱点克服の努力をしていないだけだ。

周りが羨ましく見える

上記と同じような人種は、こういう発言もよくする。

「あの人は俺より生まれ持って力が強い」

「あの人は私より痩せやすいのは何故だ」

「あの人は大した努力もしていないのに何故だ」

それなのに僕ら人間はどうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で一番になりたがる?

世界に一つだけの花 SMAP

と、いう訳で努力しましょう

配られたカードを使って、頑張りましょ。
それができないならあなたは一生苦しいまま。
こうやってネガティブになって、なにかメリットある?

色々ネガティブなこと書いたけど、書いている時間すらももったいないわ!
身長が低い、筋肉がつかない、痩せない。
もっと言うと、肌が白い、黄色い、黒い、どんな宗教でも、どんな家系でも、その配られたカードでどう頑張るか。

そのカードが嫌なら努力しよう!
超シンプル!

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました