【自粛継続】スポーツクラブと、スポーツジムの違いってなに?【コロナ】

おはよー!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす。

本日全国で緊急事態宣言が解除されたけど、フィットネスクラブの自粛要請は絶賛継続中。
俺の住んでいる場所は関西なんだけど、こんな情報が出ている。

スポーツクラブ→○ スポーツジム→×

対象施設のうち「スポーツジム」と「スポーツクラブ」は分けて分類され、「ジム」は休業要請が継続される一方、「クラブ」は解除される。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/0013364029.shtml

・・・?
恥ずかしながらスポーツジムとスポーツクラブの違いが分からない。
そして、調べてみても分からない。そういう文献がないんだね。

もちろん、個人が書いているような説明は多くあったが、根拠としては乏しいものばかり。

両者の違いを県の担当者に聞くと、スポーツジムは筋力トレーニングのコーナーのほか、エアロビクスやフィットネスの教室などを示す。一方、クラブには「ジム以外の屋内の運動施設」が当てはまる。プールやヨガスタジオ、室内ゴルフや卓球などが該当するという。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202005/0013364029.shtml

つまり、筋トレの設備、エアロビクススタジオがある施設が「ジム」
プールやヨガなどのスタジオ、ゴルフなどが「スポーツクラブ」

曖昧すぎひん?

書いていて笑ってしまったんだけど、普通はエアロビクスのスタジオと、ヨガのスタジオは同じ場所を使う。
エアロビクスとヨガのリスクの差ってなんやねん。

と、いう意地悪はやめておこう。
恐らく言いたいことは、ジムとスタジオを併用させている大型のスポーツクラブが禁止で、スタジオのみ、プールのみ、卓球のみ、のような小型の設備は許可、ということだろう。

曖昧すぎひん?
例えば、個人経営のパーソナルジムは、この区分だと営業不可になってしまう。
この場合リスクは最小限だと思うので、普通は営業許可をしてもいい業態だと思う。
というか、みなさん呆れ顔で営業再開してるけどね。

個人的な意見だけど、施設面積と、それに比例するように人数規制を掛ける方法はどうだろうか?
人数規制をかける方法は、例えば誕生日などで振り分ける。
1~3月生れの人は、月木が使える、などだ。

同様の自粛要請をした各県に言いたい

土地面積や集客人数などを使った、論理的な規制を掛けて頂きたかった。
ジムとクラブの差、など国民のイメージによって作られたものだろう。

筆者はそもそも自粛が必要だと思う?

これは各社、状態が違うので一概にはコメントできない。
もちろん新型コロナウィルスの収束を願うのであれば、自粛するべきに決まっている。
しかしその会社の存続、人の健康、人のストレス、働く人の経済的事情などを加味するとどのタイミングで自粛解除をするかは難しい。

とはいえ、フィットネスジムがなにか目の敵にされているような扱いなのは、はっきり言って「感じる」
フィットネスクラブがダメなら、他にも規制するところはあるだろう、と。

尚、この規制の解除は6月1日になる可能性が高い、とのこと。

まとめ

  • ジムは筋トレ、エアロビクス等
  • クラブはヨガ、プール、ゴルフ等
  • 曖昧すぎぃ!
  • 規制解除は6月1日かも

以上!ほかの人にも読んで欲しいと思ったらシェアをお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました