ジムの自粛要請が継続中!東京都を参考に再開時期を予測してみる

おはよー!
現役ボディビルダー、現役トレーナーの健っす。
前回は関西のジムの自粛要請を説明したんだけど、今回は東京都の自粛要請を例に挙げて、トータルで考えたときのジムの自粛解除時期を予想してみるよ。

論から言うと、5月30日にジムの自粛要請解除、31日に営業開始、という可能性が高いと思う。

東京都が発表したロードマップを参考にしてみる

ステップ1~3を経て全面解除にする形式で、段階的に緩和をしていくようだ。
で、ジムはステップ2となり、この段階に移行する可能性があるのが30日と発表している。
もちろんこれは東京都の発表で、関西がどうなるかは分からないが。

余談だが、昨日まではジムはステップ3となっていた。
どうやら国との意見に差異があったようで、ステップ2に緩和されてた。

今日の記事はここで終わり。
ここからは余談をだらだらと。

ジムに悪いイメージが持たれている気がする

このロードマップもそうなんだけど、実質的にどれくらい密集するのか、換気の有無、実際のクラスターの有無、などがあまり加味されていない気がする。
実際の危険性はあまり考慮されず、健全な施設は解除が早く、子供に言いにくいような施設は解除が遅いような気がするのは俺だけだろうか?
例えば、映画館よりも、エッチなお風呂の方が感染のリスクが低いと思うんだが、どうだろうか。

100Pとかするんかいな。

そして前回の記事でもぼやいたが、なにかジムに悪い印象を持たれている気がする。

実際の安全性は考慮されず、風評被害の恐れ

ステップ3からステップ2にされたからまだマシなものの、スポーツクラブは危険だという印象を持たれる恐れがある。
仮に5月30日に自粛が解除されても、客足が遠のくのは間違いない。
これによって経営難に陥るジムが多いのは言うまでもあるまいて。

実際の安全性はどうなんだろうか。
確かにハードコアなジムの、ピークタイムは実質、リスクは高いと思う。
昨日提案したような、1~3月生まれの人は月曜日と木曜日、4~7月の人は火曜日と金曜日、などに分けたり。
マシンを一台置きに使用中止にして、日によって入れ替えたり。
厳しく言うなら会話禁止など、制約を増やせばグッと安全性が高まると思う。

個人経営のパーソナルジムはどうだろうか。
1対1、換気良好、消毒完璧、これを危険というのはおかしい。

自粛警察は良い仕事をしてほしい

自粛要請は、強制じゃない。
仮に無視して営業を再開しても、法的には問題ないんだね。
強行的に営業を再開する店も多く、実際俺の周りにもたくさんのジムが営業している。

自粛警察さんにお願いしたいことは、ただオープンしている店を見つけて、その営業の足を引っ張るだけのような嫌がらせは止めてい頂きたい。
営業風景を客観的に見て、例えば消毒を一切していない、大勢が密集している、などがあれば大きな声を上げてもいいと思う。
しっかりと良い方向に導いて欲しい。
ただ営業しているジムに文句を言うような自粛警察さんは、ただの嫉妬だ。

営業が再開したらジムに行ってもいい?

そのジムがどのような対策をとっているかが重要だ。
ほぼすべてのジムは生き残るために必死に対策をしている。
概ね安全、と言いたいところだが、やはり自己責任となる。

俺は気にせずにトレーニングするが、例えば80歳のばーちゃんと同居している、などの条件があったとしたら躊躇するなぁ・・・。

まとめ

  • 東京都の方針では、5月30日に解除されるかも
  • リスクが高くても、健全な施設は解除が早いのはなんでや
  • ジムの風評被害が心配
  • 自粛警察さんは良い意味で仕事して欲しい

以上!ほかの人にも読んで欲しいな、と思ったらシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました