「食べてないのに痩せない」という人は、食べているから痩せないのです。

こんにちは!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす。

今日はタイトルの通り「食べていないのに太る」人に送るアドバイスだよー。

今日の結論。
「食べていないのに痩せない人は、知らず知らずに食べている。レコーディングダイエットが有効!」

根本的なダイエット方法は、まず適度な糖質制限をしてみてほしいね。
そんな記事はこちら

初心者の人にカウンセリングをすることが多い

「ほとんど食べていないはずなのに、体脂肪が減りにくい」という人が結構多い。
そこで食生活を聞いてみると、やはり結構な量を食べていて、その自覚がないんだね。
よくあるパターンをまとめてみよう。

その① 間食が多い

朝ごはんは食べていません!
お昼はサンドウィッチとサラダです!
なんでこれで痩せないんですか!
え?朝と昼の間の時間?
ミルクティとチョコを食べました・・・。

その② 外食が多い

日頃から糖質制限をしているのに痩せません!
え?外食?
週に3回くらいで、その時はお酒も飲むし、結構食べています・・・。

その③ 糖質が入っている食材を理解してない

朝はフルーツ、間食にココアとビスケット、お昼はお米を減らしてもらって、夕方はタピオカミルクティ、夜は糖質制限しています!
でも痩せないんです!
え?フルーツとかココアって糖質なんですか・・・?

初心者には「レコーディングダイエット」がオススメ!

これらの原因は「理解と把握不足」だね。
マッチョ化でもダイエットでも、最も避けたい原因だ。
本人は頑張っていて、ストレスを削っているのに間違ったことをやっているのに成果が出ない。
こういう人を一人でも多く救いたい。

という訳で、オススメはレコーディングダイエットだ。

方法は超シンプル。
食べたものをスマホかノートに書くだけ。
それだけ。

春が来ると薄着になってダイエットのモチベーションが勝手に上がるのと同じく、書くだけでもダイエットに対する意識が高まる。
具体的には、書かないといけないことが罪悪感を強めることになり、抑止力に繋がるんだね。
やってみるとよくわかると思うよ。

抑止するのは主に「糖質」からね。

まとめ

何をどれだけ食べているかを把握しよう。
レコーディングダイエットは結構オススメ!

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました