【トレーナーの雑談】ガンダムが背中に手が回らない理由、知ってる?

こんにちはー!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす!

今日は「何故ガンダムは背中に手が回らないのか」という雑学。
普段トレーナーがどんなことを考えているのか書いてみる。
日頃はなんとか皆様に有益な情報をと執筆をしているが、こういう日もあっていいよね。

ちなみに前は、蟹の関節の可動範囲や筋繊維の方向などを見てニヤニヤしていた。
全国のトレーナーの皆さんもこういう感じだと思うよ。

さて今日の結論。
ガンダムは肩甲骨が無いから背中に手が回らない。
肩甲骨ってスゲー!哺乳類ってスゲー!

何故ガンダムは背中に手が回らないのか

さて皆さん、想像してみて欲しい。
この画像のガンダム、背中が痒くなったとして、掻けるだろうか?

無理そうだよね。
ビームサーベルを駆使しても難しそうだ。

でもホモサピエンスは掻けるんだよ。
この理由は、関節が多いからだ。

肩甲骨から始まり、肩関節、肘関節、手首、指、などとにかく多彩に稼働できる。
背中を掻くための中核は肩甲骨だろう。

肩甲骨ってどうすごいの?

例えば強く前に腕を伸ばして欲しい。
意外と伸びるでしょ。

もちろんルフィ以外は肩や肘が伸びるわけがない。
肩甲骨が広がって、前に出ているんだね。

逆に腕を伸ばしたまま引っ込めることもできる。
肩甲骨が寄っているんだね。

腕は上にも伸ばしやすい。
重たい時に固まって、力が抜けないようにすることも可能だ。

なんて素晴らしいシステムなんだ!

背中を掻く動作は、肩甲骨と肩関節の超大作

背中を掻く動作をして欲しい。
肩甲骨が寄って、肩関節が後ろに移行。
同時に肩関節が捻れ、その先の肘関節が仕事ができる。

美しい。
なんて素晴らしい構造なんだ。

以上。
マジで雑記。
ホモサピエンス凄い。

こんな記事だけど友達にも見て欲しいと思ったらシェアをお願い!
↓        ↓        ↓        ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました