年間800件の有料パーソナル実績のあるトレーナーが、ジムで何をカウンセリングをするのか、まとめてみる

こんにちはー!
現役トレーナー、現役ボディビルダー、年間800件の有料パーソナルトレーニングの実績のある健っす。

今日は、そんなトレーナーが、ジムでどんなことをカウンセリングをしているのかまとめてみるよ。

なんで書こうと思った?

パーソナルトレーナーは、お客様がより効率よく、より迅速に目標を達成するために、最初に色々と質問をするんだ。
つまり、初回カウンセリング。

どんなことを聞くのかをまとめることによって、あなた方もそれを自問自答することによって、目標がしっかりと定まりやすくなるのでは、と考えたわけだ。

とは言え、優秀なトレーナーほど熟練した経験で、お客様を見抜くもの。
ざっくりとした参考程度に見て欲しい。
同業者も同じく、参考にして欲しい。

①目的、目標を聞く

自己紹介とかのあとに、まず聞くことがこれ。
ここで大雑把にだけど方向性が定まる。

例としてダイエット目的の人がいるとしよう。
ここで聞きたいのは、「いつまでに、どれくらい痩せたいか」だ。
漠然と「痩せたい」だけでは情報不足なんだ。

ここで、言葉を選びつつも、無理なときは無理という。
例えば、食事の管理をするのは面倒だが、10kg痩せたい、などだ。
無理なものは無理。
現実を知ってもらうように、どうすれば目標を達成できるか説明する。

②夢を聞く

イメージだが、①の目標は、半年後などの比較的直近のことを聞いている。
ここでは、5年後などニュアンスで聞く。
この夢に対しても、現実的にはここまで頑張らないといけない、というのを説明する。

③怪我、病気などの有無を聞く

持病や薬により運動制限がある場合は、主治医との連携が必要なんだ。
無理に運動して悪化させたりしたらえらいこっちゃだ。

怪我がある場合は、メニューの構成にも大きな変化が出る。
安全性のためには最重要と言える項目。

④運動経験や、気分的にやりたい運動を聞く

運動経験は参考程度に聞くくらい。
既にある程度の体幹の強さがあると判断すれば、初期から積極的にフリーウェイトを導入してもいいと思う。

そして大切なのは、どういう運動がしたいか、気分を聞くこと。
一方的に自分のおすすめのトレーニングを実施して、実は本心では「ベンチプレスがやりたかった」などと思われていることもあったりする。
漠然としたイメージでもいいので、ジムでどんな運動がしたいと思っていたかを聞いてみる。

⑤週何回、ジムにこれそうか聞く

これによって結構メニューの構成が変わる。
こちらの記事などを参考に

ここで「毎日でも来れる」という人には要注意。
大抵、継続を甘く見ていて、1日~7日ほどでこなくなってしまう。

⑥筋トレや食事の話をする

目標の高さに応じて、言葉の強さを変化させるが、達成のためのアドバイスをする。
どれくらいの頻度で、どれくらい日数で、どれくらいの食事の管理で、など。

結構重要な項目。
特に最初の2週間ほどで多少の変化が見られるかで、モチベーションに大きな差が出ることもある。

とりあえず、筋肥大であれば筋トレを頑張ることと、体重の2倍g程度の高タンパクを頑張ってもらう。
ダイエットなら適度な糖質制限を頑張ってもらう。

まとめ

  • 目標を聞く
  • 夢を聞く
  • 怪我や病気の有無を聞く
  • やりたい運動を聞く
  • 運動頻度を聞く
  • 初期アドバイスをする

以上!よかったらシェアをお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました