「死」が怖い理由をさっくり書いてみる。逆転の発想をすると人生が楽しくなるかも。

おはよー!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす。

今日はなぜかボディビルダーが「死」について考えてみるよ。
さてみなさん、死ぬの怖い?俺は怖いよ。

「死」に関する話題は不謹慎?

でも死に関する話題って、基本的には避けられる傾向にあって、あまり深く考えている人って少ないんじゃないかな。
不謹慎だー!みたいな。

でも少し考えれば不思議な話だ。
この世に絶対はない、みたいなこという人いるけど、これ間違ってるよね。
生物が死ぬことは避けられない事実で、絶対だ。
親鸞さんも言ってたわ、これ。
それを理解しない、考えないってのはどうなんだよ、と。

某国では「頭部移植」というとんでもない計画が進められていることをご存じであろうか?
成功したという記事や、被験者のキャンセルがあった、などいくつかの情報があるが、うやむやになっているみたい。
しかしこれが大成功したとしても、やはり脳の寿命があるので、やはり一生生きていられるような不老不死には当てはまらないだろう。

そう、絶対に生物は死ぬ。

なんで死ぬのが怖いんやろか?

これは逆に考えてみるとしっくりとした答えが見つかる。

80歳くらいのおばあちゃんが、「私はいつ死んでもええからなぁ(笑)」みたいなこと言っているとこ見たことない?
俺は何度もある。死を受け入れ、怖がっている様子はないよね。

この理由は、いくつかあるとは思うが、「人生をやりきったから」だと思う。
少々ネガティブに言うと、「やりたいことがもう無い」のかもしれない。

そしてこれを逆にすると答えが見える。
今日の結論はこうだ。
死ぬのが怖い理由は、「人生をやり遂げていない、やり残したことがあるから」だ。

死ぬのが怖いことを喜ぼう

逆転の発想だ。
死ぬのが怖いということは、まだまだ人生を謳歌していないということだね。

心の底から「あー、死ぬ気で人生楽しんだった!もう充分だ!」と思えるように生きましょう、ってとこかな。

余談 死後の世界ってある?

この解釈は2通りある。

一つはスピリチュアルな回答。
天国や地獄はあるのか?みたいな。
いや、ないよね。

もう一つは自分のいない現実世界。
多くの人が悲しむが、この宇宙の出来事からすると、ほんのちっぽけなことで、人間社会は何事もなく進んでいく。
会社の人が異動になっても補充があり、少々の寂しさを残しながらも会社は運営されているような感じ。

そう、あなたが死んでも世界は「あまり変わらない」

じゃあ意識とか精神はどうなるの?
寝ているような感じだね。
赤ちゃんの時にお母さんのお腹の中にいた感じ、と表現してもいいかも。

まとめ

  • 死ぬのが怖いのは、やり残したことがあるから
  • 逆に考えると、まだ人生をしゃぶり尽くしていない
  • ので、楽しもう
  • 死後の世界は寝ている感じ
  • 死後の社会はあまり変化なし

以上!よかったらシェアをお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました