【TOPに固定中】今後「コロナ自殺」が急増する。対策をまとめておくから、お前ら絶対死ぬなよ!

おはよー!
現役トレーナー、現役ボディビルダーの健っす。

今日は「コロナ自殺が増えるだろうが、絶対死ぬなよ!」と言う内容。
あと最後の方に、対策をまとめておくからマジでやばい人は参考にしてみてくれ。

コロナ自殺が増える根拠は?

京都⼤学レジリエンス実践ユニットの藤井さんとそのチームが新型コロナウイルスの影響による経済活動の縮小が、失業率、そして⾃殺者数に与える影響について発表した。
さらに簡単に言うと、不景気になって自殺しちゃう人が増えるって話ね

過去のデータより、GDP 成長率が下落すると失業者が増え、自殺者が増えるという相関関係があることが実証的に明らかにされている。(中略)実質 GDP が 2020 年度において 14.2%下落失業率はピーク時に 6.0%~8.4%に到達累計自殺者数が、14万人~27万人増加すると予測される。

令和 2 年 4 月 30 日 プレスリリース 京都大学レジリエンス実践ユニット

コロナ前(2019年)の自殺者が年間で2万人で、この水準に戻る時期を2038年と予測ししている。そして累計の自殺者の予想がこの14万人~27万人
14万人ってのが、1年で収束したときの予測人数で、27万人ってのは2年のとき。

とんでもない人数やで。
コロナの死者数は577名。

流石に不謹慎なので明言は避けるが、何が言いたいかわかるだろう

金銭的な要因の自殺以外にも、致命的な問題が多くなる見込み

○コロナ離婚
まず、女性の負担が増えている
俺は近年のフェミニストには首をかしげる機会が増えたが、ここは間違いないと思う。
子供が学校に行けず、旦那は家にいる。
この旦那が「時間があるから料理や掃除をやるよ♪」と言う人なら全く問題がないが・・・
ちなみに、10代を中心にコロナ妊娠も増えているだろう。お前らは頑張れ。若いから大丈夫や。

○コロナDV
「一人の時間」というのは誰しも欲しいもの。
ちなみに統計的には女性の方が欲することが多いようだ。
多くの時間を一緒に過ごすことにより、どうしてもストレスが溜まる
上記の女性の苦労もあり、その雰囲気が周りに漏れる。最悪暴力に発展する家庭もあるだろう。

○コロナ集団ヒステリー
これは流石に言いすぎかもしれない。
1800年代後半、日本ではコレラが蔓延し、年間10万人が死亡するなどの大惨事になっていた。
今のようにTVやネットを使った国民への対策指示もかなり難しかっただろう。
で、起こったのが集団ヒステリー。
ある村では、お前が毒を撒いただろう!と殺人があり、ある村では苦しむ患者を全員焼き殺した。

○コロナ運動不足
一応このブログはこういう分野だしね。
60歳を超えた人は、運動不足による筋肉の低下が著しいんだ。
50歳くらいの太っちょおばさんは、太い脚の脂肪を筋肉のせいにして「筋肉はもういらん」というが、本当にそうだろうか?
そう、60代を超えてからの長期的な運動不足は、「歩行障害」になるリスクが一気に増す
イメージはこうだ。
60歳女性運動不足、コロナ収束後の雨の日に買い物に行って滑って転倒、大腿骨骨折、治療に半年を要しさらに運動不足、復帰後は歩行が困難になり杖が必須となり、趣味や旅行を控えるようになった。
最悪のケースだ。
60歳とかめちゃくちゃ遊ばなあかん。
なんとかこのご時世だが、何らかの運動方法を探し、運動不足になり過ぎないようして欲しい。

自殺を防ぐには?

あえて強めに言おう。
自殺する人は、情報に弱い人が多いと俺は感じている。

ここは日本で、制度が整い、はっきり言って働かなくても人並みに生きていける環境にある
もちろん、払えない家賃を貸し付けてくれたり、今の会社が潰れないようにする制度もある。

ではなぜ自殺するのか?
知らなかったんじゃない?

「日本にそのような貸しを作りながら、人並みの生活をするくらいなら死んだほうがマシ」と言うロマンあふれることを言う人も中にはいるだろうが・・・

以下に、頼るべきリストを作っておく。
参考にしてくれ。細かいところは自分で調べてね。

困ったらここに連絡しよう!

○感染の疑いがある
もしも感染したんじゃね?と感じても、あなたが若かったら無視でいい。
絶対で歩くなよ!
しかし、家族にご高齢がいる、歩くと息切れをする(肺炎の症状)
こういう場合は早急にアビガンの投与で、高い確率で改善する。
『厚生労働省医政局研究開発振興課治験推進室』https://www.mhlw.go.jp/content/000625757.pdf
使用する場合はここに連絡しよう。
もちろん俺は医者じゃないから自分でもしっかり調べること。
でも一言、副作用は確かにあるがそこまで致命的なものではない。
そう、アビガンの認可が遅れているのは・・・、おっと誰かが来たようだ。

○現金給付金制度(10万円のやつ)
世帯主に当てて書類が家に届くので、それに必要事項を記入して提出したらOK。
1人当たり10万円が支給される。

○持続化給付金制度
前年に比べて収入が半分以下になった人に、100万円~200万円を上限にした給付。
確定申告や帳簿が必要になるが、例外もあるようだし頑張って調べれば誰でもできるはず。

○住居確保給付金
収入が少なく、貯金も無い人が家賃が支払えないとき、自治体が代わりに支払ってくれる制度。
3ヶ月~9ヶ月、5万円~7万円程度まで。
地域によって結構差があるから、お住まいの市の情報を調べてみて欲しい。

○感染拡大防止協力金
事業主で休業要請に応えた店舗に支給されるもの。
こっちも市によって大幅に値段が違うらしいが、東京大阪愛知では50万円が上限。複数店舗なら100万円。

○福祉資金:緊急小口資金
上記までは、どうしてもまだ申請ができなかったり、申請できても支給までに時間がかかったりする。
そんな人にはこれ。
5日ほどで20万円が振り込まれ、1年後から返済していく。つまり、借りる。
もちろん無担保、無利息。

○総合支援資金:生活支援費
それでも不足してるんや、という人にこれ。
単身者は45万円、複数人になると60万円まで借りれる。無担保、無利子。

○生活保護
ここまでやっても、仕事もなく、貯金もなく、生活できる気がしなかったらこれ。
お住まいの地域の福祉事務所にて申請可能。

○自己破産
究極の選択肢。申請はこちらから。
ちなみに普通の生活に戻れるよ。

まとめ

書いていて思ったんだけど、自殺する人ってここまで調べて利用していなさそうな気がする。
そういう精神状態じゃない人が多いんだろうか・・・。
できる限り簡潔にまとめて見た。
周りに致命的に困っている人がいたら、ぜひこのブログを見せて欲しい。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました